ジーンズお直し(リペア)紀行「ボタンホールのやぶれ」編

ブログ

20191204_01

ボタンホールのやぶれ…直します!

よく当工房をご利用いただくお客様より、「ボタンホールのやぶれ」のお直しを預かりしました。
いつもご利用いただき本当にありがとうございます!

ボタンホールとは、その名の通りボタンをはめる穴のこと。

ジーパンやデニム製品は、
かたくて厚いデニムになればなるほど、買いたて・新品であればあるほど、
このホールにボタンをはめるのが難しくて難しくて…。
ファスナーでないボタンフライタイプなら、なおのこと。

ギュッギュッと、力の限り頑張らなければボタンがとめられない(言い過ぎ?)
なんてこともしばしば…。

使いやすくなっている頃には、ホールがブチっとやぶれてしまったり…。
なんとも切ない運命です。
でもそれを直せるのがジーンズ企画工房!
ボタンがきちんとはめれるように、お直しスタートです!

ジーンズ企画工房流ボタンホールの直し方

今回お預かりしたジーパンのお直し箇所は、ボタンホール二つ分。
一番上についているフロントボタンのホールと、ボタンフライのホール1つです。

ちなみに今回は、
①ミシンで縫う
②手で縫う
この二つの作業で、お直し完了でございます。

ミシンで縫っていきます!

まず①の「ミシンで縫う」作業。
こちらは、ホールに沿った向きで、ひたすらにたたき(縫い)あげます。
弱まっている生地部分の補強って感じですかね。

お次は手縫い作業!

続いて②の「手で縫う」作業。
①で生地が整ったで、今度はホールを整えていきます。
複雑な形なので、こちらは手作業で縫い上げていきますよ。

完成品はコチラ♪

という、二工程を経てお直し完了しました♪
生地と同色の糸でお直しさせていただいたので少し分かりづらいですが、
しっかりホールとして復活いたしました!

 

ちなみに今回以上にホールの状態がひどい場合は、
当て布を使ったり、専用のミシンを使ってお直しをするケースもあります。

お直し方法は、穴ややぶれ具合によって様々。
出来るかどうかも現物を確認してからの対応とはなりますが、
気になる方はお気軽にご相談ください!

■お直しサービスについて
■お問い合わせはコチラから