ジーンズお直し(リペア)紀行「ダメージジーンズの穴」編

ブログ

blog_200701_01

ダメージジーンズの穴が貫通しちゃった!

皆さんこんにちは!
本日は、久々「お直し」についてブログっちゃおうと思います。

ジーンズ企画工房でよくあるお直し、それは穴の補修。
経年劣化による膝やお尻、股の穴…
何かに引っかけて開いてしまった破れ穴…
とまぁ、穴の開き方は人それぞれ。

そんな今回お届けする穴は、
「ダメージジーンズの元々開いていた穴が貫通してしまった」というパターン。

ダメージジーンズならでは、まるでブラインド(?)のように白糸が穴を塞ぐあの感じ。
ワイルドで良いですよね。

今回は、このダメージ感を損なわないようなお直しを心がけてみました。

コチラがお預かりしたジーンズ。
右ももにしっかりと貫通した穴が見えます。

横糸が切れてボソボソの状態ですね。
これはこれで良いとも思いましたが、お客様いわく「穿く時、穴に足が引っかかってしまう」とのこと。
…それは危ない!塞がねば!

ではではお直しをはじめましょう。
まずは穴を塞ぐ当て布の準備から。

工場には、お直し用に貯めた秘密のデニムハギレBOXがあります。
この中から、素敵に色落ちしたジーンズになるだけ近い色のデニムハギレを探索!
隙間から当てた生地が見えるお直しの際は、特に慎重に当て布を探し選びます!

ビンゴなハギレを見つけたら、サイズに合わせてカット。
穴を囲む周りの生地も薄くなっている場合は、穴以上に大きくカットすることも。今回は穴サイズで大丈夫でした。

~~~シミュレーション中~~~
裏からハギレを当ててみて…うん、良い感じ。

切りっぱなしで糸がほつれてしまわないよう、オーバーロック(=かがり縫い)をかければ…当て布の出来上がり!
ここまでくれば9割方の作業は完了!
後はベテラン縫子さんにミシンでたたき(縫い)上げてもらうだけです♪

そうして出来上がったお直しがコチラ。

元々のダメージ感を損なわないよう、穴全体をたたかない方法で仕上げました。
隙間から見えている当て布も違和感ないんじゃないでしょうか。
穴全体をたたいていないと言いましたが、裏からはキッチリ穴を塞いでいるので、もう足を引っかけることはありません!安心だ!

以上、ジーンズ企画工房的ダメージジーンズの穴直しでございました。
もちろんしっかり・完全にミシンでたたき上げるお直しも受け付けております♪

穴や破れでお困りの方はどうぞジーンズ企画工房へ~。

お直し(リペア)サービスについてはコチラから
事前のお問合せはコチラから

※お直し(リペア)サービスは、原則現品を確認してからの可否回答となりますこと、予めご了承ください。