高密度ベンタイル生地使用!フルオーダーメイドはじめてのタープ作り

ブログ

blog_20210215_03

「フルオーダーメイド」も手がけるジーンズ企画工房。
ジーパンやベスト、カバンにサッシュベルト等々…。
ありがたいことに、今までたくさんのアイテムを作らせていただきました。

そんな中でも今回は初!
「タープ」なるアイテムを作らせていただいたので紹介を♪

「タープ」って何?キャンプでよく見かけるアウトドアアイテム!

「タープ」とは、キャンプ等に使われる日差しや雨を防ぐための大きな布のこと。
設置には色々な形があるそうですが、イメージは↑の写真のような感じですね。

テントとは違って床がないのが特徴で、自然を感じながらの食事なんかはこのタープの下ですることが多いんじゃないでしょうか。
テントは「寝床」、タープは「居間」的な感覚だそうです。

 

そしてジーンズ企画工房が作り上げたタープがこちら!

お~かなりビッグ~

(すみません!床は拭いて撮影させていただきました!)

 

大きさ2.8メートルの正方形サイズ。
一枚では布が足りず、二枚をついで作らせていただきました。

組み立てる時に使うホールはこんな感じ。

タープ本体を仕舞う小袋もあります。
入れると割とペタンコになるので、持ち運びもしやすいかな?

そしてこちらのタープ、高密度の「ベンタイル」という生地を使っておりまして…。

高密度?「ベンタイル」って何?

「ベンタイル」とは、ものすっっっ・・・ごく、織り密度を上げて作り上げた綿生地のこと。
密度が高いおかげで、優れた防水&防風の効果もあります。
第二次世界大戦時にパイロットの軍服用にと開発された「ベンタイル」は、
イギリスのランカシャー州・ダルボットウィービング社からはじまりました。

戦時中、戦闘機が落とされ海に投げ出されたパイロットは、
軍服に浸透する冷たい海水により救助まで生き延びることが難しかったそうです。

「ベンタイル」が開発され軍服に使用されると、
高密度からなる防水力(当時だと耐水性レベルでしょうか?)のおかげで、
冷たい海上でも耐えれる時間が延び、パイロットの命を守ることが出来たのだとか!!!

なんとも歴史濃い「ベンタイル」のはじまりでございます…。
というわけで(ちょっとお話しはそれましたが)そんな「ベンタイル」を今回はタープに使わせていただきました。
加えて、水をはじきやすい「撥水加工」も施しております!
暖かくなったら、このタープとともに楽しいひと時を送っていただければ嬉しいですね!

フルオーダーメイドジーンズのことなら広島県のジーンズ企画工房へ

「オリジナルのアイテムを作りたい!「お気に入りにジーンズが穿けなくなってしまった…」等々
ご希望がありましたら、ジーンズ企画工房へお気軽にご相談ください♪

 

■ジーンズ企画工房
〒726-0033 広島県府中市目崎町144
営業時間:10時~18時(定休日なし)
TEL:0847-41-7193 (平日10時~17時)/ FAX:0847-43-5386
・フルオーダーサービスについてはコチラから
・お問合せはコチラからお気軽に♪