~デニムならではの魅力~スラブデニムの色落ち比較

ブログ

20191120-01

先日、東広島市からリピーターのお客様がお越しくださいました。
ご夫婦で新しいパンツを買いに来てくれたのですが、「前に買ったジーパンの穴を直したい」とのご希望もあり、お預かりしたジーパンがコチラ…

色落ちがすごい!!!

「(旦那様が)すごい気に入って、ずっと穿いているんで穴が開いてしまって…」と奥様。

ええ、もう見ただけで…見ただけでたくさん穿いてくださるのが分かりましたよ奥様!

お預かりしたのは、深めの股上とサイドポケットが便利な当工房オリジナルの「多機能らくあき®」パンツ。
そのデザインが「使いやすい」とのことでずっと穿いてくれているみたいです。
本当に嬉しい。ありがとうございます!

素敵な色落ちだったので、思わず「ブログに載せても良いですか?」と聞いちゃいましたよ。
OKをいただいたのでご紹介いたしますね。

インディゴからライトブルーに。スラブデニムの色落ち比較

お預かりしたジーパンは、
【2460-L:多機能らくあき縦伸びスラブパンツ】のインディゴデニム。

2016年頃にご購入いただいたお品なので、約3年は経過しています。
長いこと穿いていただいて…本当にありがたいです。

コチラのジーパンに使われている「スラブ生地」は、表面に独特な凹凸感があるのが特徴。
太さが不均一な糸で織られたデニム地で、色落ち前の表情も豊かですが、色落ち後も独特な表情を楽しめる生地となっております。
色落ち前と色落ち後、比較はこんな感じ↓

20191120-03

20191120-04

やっぱり、ヒップの色落ちは一段とって感じです。

20191120-05

20191120-06

ヒゲも出来てる。(股の部分に出来る「ヒゲ」のような色落ち)

20191120-0720191120-08

膝にかけてのグラデーションがいい。

20191120-09

20191120-10

スラブならではの不均一さ。味があります。

色落ちで自分「だけ」のオリジナルデニムに

色落ちの濃淡差って素敵ですね。デニムの表情が豊かになる感じがします。
加工でない生の色落ちは、穿いている人「だけ」の表情になってくれるのも面白いところ。
ジーパン好きな人でも、興味ない人でも、穿いていれば自然と変わってくれるのが、デニムの色落ちの魅力かもしれません。
それぞれのペースで、ジーパンライフを楽しんでくださいね。
皆さんも気づかないうちに、自分だけのオリジナルのデニムが育っているかもしれませんよ♪

■【2460-L:多機能らくあき縦伸びスラブパンツ】
サイズ:79/83/87/91/95
カラー:インディゴ/ブラック
品 質:綿97%/ポリウレタン3%
価 格:21,450円(税込)